Satoshi Nakamoto Blog

Tag : trust

Artificial Intelligence/AI Banking Business process outsourcing/BPO Business-to-Business/B2B Core Banking System Diebold Nixdorf Financial Services/Finserv homepage-featured-4 outsourcing

DN battles with banks to win trust in the automation race – FinTech Futures

satoshi
Diebold Nixdorf’s vice president of service in the Americas, Chase Andrews, has criticised some banks for being “very rigid” in their attitude to the vendor’s AI-automated...
Uncategorized

JCBとカウリーが提携しステーブルコイン検討、Gaudiyが「Trust Economy Bonding Curves」実装、ジャガーがIOTAで電気自動車トレーサビリティの実証実験デモなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

satoshi
ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。 またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載 していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。 ジャガーが電気自動車のトレーサビリティの実証実験をデモンストレーション予定 ・IOTA財団は、英自動車メーカー大手ジャガーランドローバー、仏エネルギー研究開発機関のEngie Lab Crigenと共に、電気自動車に関わるトレーサビリティの実証実験デモをノルウェーで行うことが明らかになった ・今回の実証実験では、ジャガーの電気自動車「I-Pace」が利用されている。再生可能エネルギーのトレーサビリティーは、IOTAの不変の分散台帳技術であるTangleを使用。そして、すべてのトランザクションとソースの改ざん防止レコードを作成する流れとなっている ・ジャガーのマネージャーはプレスリリースで「I-Paceやトロンハイムの発電所など再生可能エネルギーに積極的にアプローチする車両や建物が、ジャガーのDestination Zero戦略に沿った持続可能性の革新をどのように生み出すことができるかを一般の人々に見てもらうことを大変嬉しく思います」とコメント ・さらに今回の発表では、I-PaceにはIOTAのスマートウォレットが搭載されている。そのウォレットには、道路の不整備情報、天気、交通情報に関連するデータを共有することで取得したIOTAを保管できる仕様 ・そして獲得したIOTAは、通行料や駐車料、充電などの支払いサービスにも使用できる。ちなみに、ドライバーはその機能のオン/オフを選択できる 北朝鮮が一連の仮想通貨流出事件などへの関与を否定 ・北朝鮮が国営メディアである朝鮮中央通信を通じて、国連が指摘した金融機関や仮想通取引所に対するサイバー攻撃への関与を否定する声明を発表した ・8月5日に、北朝鮮が2015年12月から今年5月の間に、少なくとも17カ国の金融機関や仮想通貨取引所に35回にわたりサイバー攻撃を仕掛け、最大で20億ドル(2,140億円)を違法に得ていた疑いがあると、国連安全保障理事会の専門家パネルが指摘していたことが報じられていた ・北朝鮮の声明によると、「敵対勢力によるそのような捏造は、北朝鮮のイメージを損ない、北朝鮮に対する経済制裁の正当性を目的としたものである。」としている JCBがカウリーとの戦略的パートナーシップ契約を締結しトークンエコノミーに関する検討を開始 ・株式会社ジェーシービーが、ブロックチェーン決済システム開発やコンサルティング等をおこなうカウリー株式会社と、地域通貨等のトークンエコノミーに関する戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表 ・JCBはこの提携によりトークンエコノミーに関する地域やコミュニティのニーズに応えられるようなステーブルコインの在り方について検討を進めていくとのこと ・そして将来的には、地域やコミュニティ向けにステーブルコインの企画、設計、運営を行うなど、トークンエコノミー向けのプラットフォームを展開することを目指しているとのこと デジタルガレージと大和証券がグローバルスタートアップに特化したファンド「DG Lab2号ファンド」を組成 ・デジタルガレージと大和証券が次世代技術を有するグローバルのスタートアップ企業に向けた投資ファンド「DG Lab Fund...
Uncategorized

IBMが「Trust Your Supplier」をローンチ、ビットポイントが一部サービス再開、ライトコインが半減期などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

satoshi
ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。 またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載 していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。 IBMが新たにブロックチェーン「Trust Your Supplier」をローンチ Lenovo、Nokiaなど大手500社が参加する予定 ・IBMがデジタルプラットフォーム「Trust Your SPPLIER」をローンチしたことが明らかになった。Lenovo、Nokia、Vodafoneなど含め、今後大手500社が参加していく予定 ・従来のサプライチェーンは、面倒な手動プロセスを伴うことが多い。例えば、面倒なプロセスというのは、商品の管理や認証をサプライに関わる多くの企業がひとつひとつ見ていかなければならないということだ ・現状、管理や認証をするのは、アイデンティティの確認やISO証明書、銀行口座情報、税務証明書、保険証書などの文書となっている ・そしてTrust Your Supplierによりこれら手間のかかるプロセスを排除し、不正やエラーのリスクを減らし、最終的にサプライチェーン全体で摩擦のない接続を作成するように設計している ビットポイントが不正流出の原因調査の現状と一部サービス再開を発表   ・株式会社リミックスポイントが、仮想通貨の不正流出事案が発生した仮想通貨取引所ビットポイントに関して、不正流出に関する調査の現状や業務の一部再開に向けたスケジュールや再開に伴う対処や対策の詳細を発表 ・本事案では、ホットウォレットの秘密鍵が窃取され不正に使用されたこと、ウォレットサーバーにバックドア型ウィルスが存在したことが判明している。今回のウイルスについては、一般的なウィルス対策ソフトでは検知されず、調査の過程で高感度なウィルス対策ソフトにより検知されたことが明らかになっている ・当該ウォレットサーバについては、すでに利用を停止していて、複数の外部専門機関の調査結果から、侵入ルートは特定できていないものの、仮想通貨取引システムに対して外部からの不正アクセスがあり、ウォレットサーバに侵入され、秘密鍵に関する情報が窃取されたものと推測しております ・なお、仮想通貨取引システムにおけるデータの改ざんや利用者情報の流出等の痕跡は確認されていない ・サービスの再開予定日時一覧 (1)法定通貨の入出金サービスの再開予定、2019 年8月6日(火)頃 (2)店頭仮想通貨証拠金取引サービス(レバレッジ取引サービス及びMT4...